自己処理を続けるのは危険?〜ムダ毛処理の基礎知識〜

ムダ毛の処理をカミソリや毛抜きなどを使って、自己処理をしているという方も多いのではないでしょうか。
カミソリは、最も手軽にできる処理方法なのですが、カミソリでたびたび処理を行っていると、肌を傷めてしまうことがあります。
(肌が弱い方はカミソリ負けが起こることもあります。)
短い期間の間に何度もカミソリで処理を行うと、傷めた肌が回復しないうちに処理を行うことになるので、さらに肌が傷つき炎症などの肌トラブルが起こることがあります。
そして、肌のダメージによって色素沈着ができてしまい肌が黒ずんでしまうおそれもあります。
また、カミソリで処理を続けていると、皮膚の下でムダ毛が成長してしまう埋没毛が起こることもあります。
さらにカミソリで処理をした後は、皮膚の表面を削ってしまっているわけですから、肌が乾燥しやすくなっており、保湿効果が高いローションなどでケアを行わなければ乾燥肌になってしまうことがあるので注意が必要です。
毛抜きは刃を直接肌にあてるわけではないので、カミソリよりも安全に自己処理を行うことができると思っている方もいるようですが、毛抜きによる処理はカミソリよりも危険が大きいです。
毛抜きでは毛を抜いて処理するわけですから、引き抜く時に毛穴に無理な力がかかり、毛穴や周辺の肌に負担をかけてしまいます。
ですので、毛穴が目立つようになってしまう可能性もありますし、頻繁に毛抜きによる処理を行って、毛穴に無理な力をかけ続ければ、毛穴が盛り上がったような状態になってしまう事もあり得るのです。
また、カミソリと同様に埋没毛が起こることもあるので、肌に優しい処理方法とは言えません。
脱毛ワックスや除毛クリームも自己処理の方法の1つです。
まず、脱毛ワックスによる処理は、簡単に言えば、毛抜きを使った処理の毛を引き抜く負担に加えて、ワックスを引き剥がす時の負担もあるという、普通に考えればやめておいた方がいいだろうと思える危険な方法です。
次に除毛クリームを使った方法は、除毛クリームの成分によって毛を溶かして処理するという方法です。
毛を溶かすようなものを肌に塗るわけですから、肌に刺激が無いわけがありません。
肌が弱い人が除毛クリームを使用すると、肌荒れやかぶれなどの肌トラブルが起こることがあるので、使用する前は目立たない部分に除毛クリームを塗って、肌に問題が起きないか確認するパッチテストを行ってから使用するのがいいでしょう。

どちらにしても肌に優しい方法ではありませんので、頻繁に使う事は控えた方が良いのは言うまでもありません。

 

『キレイモ大宮なび』TopPageに戻る